歴史が長くて運河が街と共存していることが特徴

海外に行って異なる文化を吸収することが好きであるという人は少なくありません。

仕事や育児などの日常からかけ離れ、海外のきれいな景色を楽しんだり、おいしい外国の料理を満喫することが好きである人はたくさんいます。

そのような人の中には、オランダに訪れたことがあるという人は多くいます。オランダの国の首都は、アムステルダムです。

アムステルダムは人気のある渡航先の一つであり、たくさんの人々が訪れています。

国の首都首都でもあるアムステルダムは、元々小さな漁村であることで知られています。歴史が長くあり、運河が街と共存していることが特徴として挙げられます。

運河は市内の網の目状に広がっており、街の雰囲気と調和しています。

その他の街の特徴としては、17世紀の豪商の邸宅や自転車を始めとして、アンネフランクの家なども挙げられます。自転車に関しては、アムステルダムではとても人気の交通手段となっています。現地の人の多くは、日常的に自転車をたくさん活用しており、人々の生活に欠かすことができないものとなっています。

観光客の間でも、自転車を利用することはとても人気があります。自転車に乗ると、街の観光がしやすくなることでも知られています。

自転車を利用する人がとても多いことから、アムステルダムでは車道と歩道の間に、自転車の専用の通路が用意されています。そのため、安心して自転車を運転することができるのです。

利用者が多い中央駅の近くには、自転車専用の大きな駐車場も完備されています。アムステルダムの街と自転車はとても密な関係を持っていることから、街のアートには自転車の絵が描かれていることもしばしばあります。

また、アムステルダムはとてもアートが栄えている街として知られています。そのため、街には美術館や博物館などがたくさんあります。

有名な場所としては、アムステルダム国立美術館やゴッホ博物館を始めとして、レンブラントの家やアンネフランクの家などが挙げられます。

これらの場所は歴史的な要素も持っていることから、毎日世界中の多くの人々が訪れています。

アートに興味を持っている人に加えて、観光客の人もこれらの美術館や博物館にたくさん訪れているのです。

また、建築物がきれいであることも有名です。有名な建築物としては、王宮やアムステルダム中央駅を始め、教会や計量所などがあります。

その他にも、レンブラント広場やウォータールー広場はとても有名です。”